パリの恋人

parikoi.jpg


2004年 韓国
監督 : イ・ヨンチョル
出演 : キム・ジョンウン、パク・シニャン、イ・ドンゴン、オ・ジュウン、チェ・ヤンミ、キム・ソヒョン、チョン・エリ、ユン・ヨンジュン、パク・ヨンジ、キム・ソンウォン



いや??、パリって言う言葉に惹かれてついつい見たのですが、
最高に面白かった。
父との想い出を胸にパリに滞在するカン・テヨン(キム・ジョンウン)は、言葉の壁もあり、バイトもクビになってしまうし、挙句の果てには家賃を滞納して大家さんから追い出されてしまう始末。
そんなときに出会った韓国のチョーリッチなハン・ギジュ(パク・シニャン)と出会い、家政婦として働くだけでなく、夢のようなひと時を過ごしてしまう。

また、ハン・ギジュの甥である、スヒョク(イ・ドンゴン)とも、別の形で出会い知り合いになるが、スヒョクはテヨンへの思いを寄せるようになる。

って、出だしはこんな感じなんですが、最後まで目は離せないシンデレラストーリー。
でもね、このシンデレラ、彼への思いを一途に持ち続ける芯の強い女性。

しかも、ちょっとコメディタッチだったり、とても楽しく拝見しました。
だけどね、最後がど??も、気に入らない。
何でこうなるの?
ってっことで、あちこち探したら、なんと、終り方が数パターンあるらしい。
韓国版、日本版、小説版
詳しい話はずいぶん前にどっかのブログで読んだんだけど・・・・
全話を詳しく書いてあるサイトがあるので、紹介→韓ドラマのたまり場を見てくださいな。
ネタバレも含まれるようなので、お気をつけてご覧くださいませ

“パリの恋人” への1件の返信

コメントは受け付けていません。