ノッティングヒルの恋人

1999nott.jpg


製作年 1999年 アメリカ

監督 ロジャー・ミッシェル
出演 ジュリア・ロバーツ(アンナ・スコット)、ヒュー・グラント(ウイィアム・サッカー)、リス・アイファンズ(スパイク)、ジーナ・マッキー(ベラ)、ティム・マキナニー(マックス)、エマ・チャンバース(ハニー)、ヒュー・ボネヴィル(ベニー)、ジェームズ・ドレイファス(マーティン)

—-あらすじ—–

アナ・スコット(ジュリア・ロバーツ)はハリウッドの大女優。

そんな彼女がロンドンのノッティングヒルにある書店に足を運ぶ。

店主のウィリアム(ヒュー・グラント)は突然のことにびっくり。さらに彼は買物の帰りに偶然アナとぶつかり、ジュースをかけてしまう。

慌てた彼は服を乾かすよう申し出て、アナを家に招く。

何とか彼女を送り出して間もなく、彼女が戻って来てウィリアムにキスをして立ち去る。
夢のような時が過ぎて数日後、ウィリアムに電話があったとルームメイトのスパイク(リス・エヴァンス)から聞かされる。

早速アナが宿泊しているホテルに向かい、雑誌記者と偽り部屋に入る。

ウィリアムは妹の誕生日パーティーにアナを誘い、彼女も誘いに応じる。

その後もデートを重ねる二人。
ところがある晩二人がアナの部屋に行くと、有名俳優の恋人が彼女の帰りを待ち構えていた。
彼氏の存在にショックを受けたウィリアム。
そして半年後。マスコミのほとぼりが冷めるまで家に置いて欲しいとアナが突然やって来る。
だがそれも同居人スパイクが口を滑らせたことでマスコミが殺到。

アナは二度と会わないと言い残し、雑踏の中へ消える。

一年後。

アナの撮影現場を訪れたウィリアムは気持ちを伝えられない。
彼女が店に来てもつれない態度を取ってしまう。

それを見かねた友人たちは一丸となってウィリアムをホテルに送り届ける。
記者会見場にもぐりこんだ彼は、再び記者になりすまし彼女に告白。
アナもプロポーズに応え、会場は結婚会見に早代わり。二人はロンドンでゆったりと時を過ごすのだった。 [by goo]

素晴らしくいい映画。
TVで流れていたら、途中からでもそこから最後まで思わず見てしまいます。

きっと、これがいいんですよね
この曲が脳裏に焼きついて離れないんです。
映画を見たしばらくの間は・・・
私と同じような人結構いるんじゃないかな。

“ノッティングヒルの恋人” への1件の返信

  1. うわ〜、懐かしい。
    映画でみたよ。
    まだヒュー・グラウンドがやらしいおっちゃんになる前に(笑
    しかしジュリア・ロバーツはまだプリティウーマンぬけてっていないなあっというのが正直な感想です。
    ストーリーはよかった。むふふ、久しぶりにけんさんと映画でも観に行こうかな。

コメントは受け付けていません。