ル・ディボース/パリに恋して

ル・ディボース/パリに恋して

2003年 アメリカ/フランス

監督 : ジェームズ・アイヴォリー

出演 : ケイト・ハドソン 、ナオミ・ワッツ 、ジャン=マルク・バール 、レスリー・キャロン 、ストッカード・チャニング

パリが見たい!という思いだけで見たけど、笑っちゃいました。

アメリカ人男性が滑稽に見えちゃうし、話では聞いているけど、ここまでフランスの男性は本当に浮気ものだろうか?

ストーリーはアメリカ人の姉妹の姉はフランス人と結婚してパリに住んでいる詩人。そんなフランス人の旦那が愛人を作って家を飛び出す日にパリに憧れている妹がやってくるというところから始まり、離婚問題が一応メイン。財産を折半するなんて話も出てきて、姉が結婚のときに持ってきたサンタバーバラの家の屋根裏部屋になった絵がなんと、ラ・トゥールの絵じゃないの?なんて話が出てきたり(しかも、高額で落札されちゃうし)、姉の親戚の男性と不倫をする妹・・・・・しかも、殺人事件にまで発展していくんだから、驚いてしまったよ。とにかくなんでもあり?的内容です。

所々で出てくるフランスの風景はいいんだけどね。

フランスの男性に、聞きたいくらいだね。ほんとにここまで恋愛の自由が許されるんですか?ってね・・・