天使の肌

 

2000年 フランス 監督 : ヴァンサン・ペレーズ 出演 : モルガーヌ・モレ 、ギョーム・ドパルデュー 、マガリ・ヴォック 、カリーヌ・シラ 、ドミニク・ブラン

タイトルに魅かれて見た映画。
何度か見ないとよさは理解できないかもしれない。

人を愛することをしない男(グレゴワール)と貧しい田舎町に生まれて住み込み家政婦をして働く女(アンジェル)が知り合い、一晩を過ごしてしまう。女は運命を感じ、彼を求めて探し回ることに、ひょんなことから、彼の会社が分かり、彼との再会を求めて彼の会社の人の住み込み家政婦にまでなる。だけど、うまくいかないんだよね。そこの旦那が奥さんを殺してしまい、共謀したのでは??と、刑務所にまで入れられてしまう。一方、男の方は会社で社長令嬢と結婚までして・・・サクセスストーリーまっしぐら状態。

最後はアンジェルが共謀者じゃないことが認められて刑務所から出られるんだけど、あっけなく死んでしまう。
手紙をもらったグレゴワールには新しい命がもたらされて、不思議な感覚で終わってしまう映画。