ダ・ビィンチ・コード

2006davinci.jpg


2006年 アメリカ
監督 : ロン・ハワード
出演 : トム・ハンクス 、オドレイ・トトゥ 、イアン・マッケラン 、アルフレッド・モリナ 、ジャン・レノ
公式ページ

本を先によんでしまっていたので、、、、
失敗でした。
あまりにも本のほうが印象がよく、想像を膨らませていたのでいけませんでした。
一方、本を読んでいなかった、だんなは逆に詳細が抜けているので、理解が難しくて、どっちもどっちという感じでしょうか。
キリスト教のことを少しでもかじっていれば多少分かりやすいのでしょうが、まったく予備知識がなく見たり、読んだりするのであれば、なかなか先に進めない状態ではないでしょうか?
トムハンクスも、オドレイ・トトゥもいい演技でしたが、私的にはしっくり来なくて、他に適役の人がいたようなそんな気がしてなりません。
まあ、テンポ良く展開していくので2時間半という時間はそんなに長くは感じなくて済んだのですが、サスペンスが盛り込んであるんだから、もうちょっとドキドキ感をどうにかして演出してほしかったようなそんな気もしてます。
まあ、この原作自体は真実を練りこんでいるとか書いてありますが、どこまでがどうなのかが分からないし、ノンフィクションとして見ましたが、話的には面白いと思います。
発見された古文書だって、事実が書いてあるかどうかも今となっては分からないし、ただ単に、今で言うコシップ記事だった可能性だってあるんですよね?
その辺私には分かりませんが、ダ・ビィンチにしたって、もしかしたら、遊び心でやってたことかもしれないんでどうなんでしょうね。
まあ、ちょっと踊らされ感を楽しみながら見るのが一番面白く見れる方法かもしれないです。

“ダ・ビィンチ・コード” への3件の返信

  1. 観てきたんですね?☆
    やっぱり原作を読んでいった人は「う?ん・・・」感が有るようですね?
    夫婦で映画 羨ましいわっ☆

  2. ナショナル・トレジャー~リンカーン暗殺者の日記
    製作年 2007年 アメリカ 監督 ジョン・タートルトーブ 出演 ニコラス・ケ…

コメントは受け付けていません。