出会いは・・・

世の中には衝撃的な出会いと共にHRCになった人も多いようですが、
私の場合始めはハードロック好きの友達に誘われてなんとなく行ったら雰囲気に呑まれていく感じで大好きになってしまいました。それからは何かあるごとに行くようになりました。
食事のボリュームも最高ですが、バナナスピリッツが大好きで、行くと必ずといっていいほどオーダーするようになりました。
それでも、Tシャツまではあまり興味がなく、友達に頼まれればわざわざ買いに行って海外へ送ったりもしてましたが・・・。
そのうち、付き合い始めた彼がたまたまコレクターでいろんなデザインがあることを知り徐々にはまっていったわけです。
その彼とは、今の夫だったりします・・・。
それからは夫婦でなんとなく集めるようになり、旅行に行くという友人が居れば頼んだり、仕事で海外へ行くと聞きつけると頼んだり、もちろん自分達でもいきましたが・・・。
いつも間にかハードロックカフェに魅せられて15年以上経ってますね・・・。
今は子供も居てなかなか行くことができないのですが、【HRC=楽しい場所】というイメージで行くだけでストレスが発散されそうな気がします。ついでに気分も若返る気がするのはなんでだろう???
Japan_banner.jpg

そういえばこんなエピソードもありました。
夫から(当時は彼氏)もらったラスベガスのかっこいいTシャツを着て歩いていたらHRCのノーマルなデザインを着ていた外人(多分アメリカン人)からいきなり腕をつかまれて「そのTシャツ僕のと交換してくれ!」って懇願されたんです。No!言うと、とにかく色々言われました。「売ってくれ!」とか、「自分の家に来てもらえればほかにもTシャツがある」とか、もちろん答えは全部「NO!」いきなり知らない外人とTシャツを交換なんて、しかも、お気に入りだし、彼にもらったものなのに・・・。ステディにもらったものだから売れないし、交換できないといったら、なんと、そのひとは「ステディに許しをもらってくれ」とまで言い出したんです。もちろんお断りしましたが・・・・
本当にほしかったんですね・・・。
この話を夫に話しましたが、「いいデザインが手に入ったかもしれないのに・・・」ですって・・・。
ちなみにそのエピソードTシャツはもうくたびれてしまってボロボロなんですが、今でも私の宝物です。
もし、HRCでのエピソードあったら是非教えてほしいです。
言葉ではなかなか伝えることができない雰囲気を味わいにHRCへ行ってみてほしいと思います。