2004年 7月 桧原村

※パパさんの大失態によりデジカメなしです。
今回はくるちゃんの保育園のときの仲間と行くことになりました。参加は9家族+先生2名。人数はというと、大人18人に子供19人という、大所帯。泊まるところは民宿「森越」
母は仕事だったために父が子供三人連れて先に行ってくれてたのだ。

—-1日目 
■朝8時半
出発
桧原村小岩まで行くにはかなり遠いので、車に座りっぱなしの子供達は飽きて途中、何度も「まだ?まだ?」を繰り返し、とうとう終いには「今度言ったらこのまま家に帰る」とまでパパに言われたそうだ。
■11時頃到着
川遊び、BBQ、マスつかみなどをして楽しむ
とにかく久々の仲間に、大自然。言うことナシ。
子供達はコンクリートに囲まれて暮らす日々をこのときばかりは忘れてとにかくのびのび楽しむ。
カブトムシをゲットでし(しかもめっちゃ、大きい!)大満足。
■16時頃
母到着。
父はあまりの疲れに死にそうな顔をしてました。なんといっても、今週は毎日のように夜中1時過ぎに帰ってきて、夕べも遅かったのだから・・。
私が着いたときにはすでに大きなイベントは終わっていて、虫取りに、探検と、なんとなく一段楽している様子だった。お風呂に入ってのんびりしている人もいたなぁ
■18時
夕飯
カレーライス。ジャガイモ沢山のとってもインパクトの強いカレーライス。
疲れた子供達はそれでも必死に食べて・・・空が暗くなるのを心待ちに・・・。
■19時半頃
まだ真っ暗になりきれていないのに、くるちゃんは外に出て肝試しがしたくてたまらない。
本当は怖くて仕方がないのに・・・。外に出るには一応大人が一緒じゃなきゃ・・・ってここになっていて、暇そうな・・・いや、ちょっと隙を見せると、一緒に外に出てとせがんでくる。
とうとう、やさしい、なおちゃん(先生)が受け入れてくれて外に出方ら、引水になって子供達がどわぁ??って、出て行ったよ。収集つかなさそう・・・。
結局花火と、肝試し。
■21頃
子供達就寝
・・・無理やり寝せた
うちのこったら、親よりなおちゃん選んでトントンしてもらって寝てるんだよ。笑っちゃいました。こんなことめったにないから先生独り占め?したかったのかな?
■22時ごろ
待ちに待った反省会!!
っていうか、飲み会だね。
いや??とにかく皆で久々の再会だし、色々話して楽しく過ごして・・・
でも、一応1時には解散したけどね
—-2日目
■6時ごろ
子供達がごそごそ起きだす・・・
■7時
朝食:すごいご馳走だったよ。
久々においしい朝食をとった感じ。きっと、この村で取れた野菜。おいしかったよ。
■9時
出発。
早めに出て昨日と違う川で川遊び。
子供達の時間到来。
・・・が、昨日に比べて水が冷たかったらしくこ一時間入ってると寒くて仕方がなくてブルブル震えだした。早めに民宿のおばさんたちが作ってくれたおにぎりを早めに食べて、私達家族は近くの温泉に張りたかったので皆より一足先に出ることにした。
■12時ごろ。
桧原村の有名なお豆腐やさんでお豆腐を買っておからドーナツ・・・
これが、激ウマ!あげたてだったんだけど、ドーナツなのに、さっぱりしてて口当たりがさっぱりしてて、ドーナツ苦手な私が何個も食べたくなたくらい。
あとがき—-
いや??、子供の為に皆でいったわけですが、なんか一個ぐらい大人のためにと思い、温泉に入ることを決めてらたんだけど、結局入らなくてお土産をおばあちゃんに持って行っておわり。
それにしても、東京であんなに自然に触れられるなんてほんとにびっくりしました。
子供は住みたいと言い出すし、狭苦しい窮屈な生活よりも野生児のうちの子たちにはここの生活が似合ってるかもしれないけどね。
でもまあ、たまに行くからいいのかもしれないから・・・。
親はとっても疲れたけど、子供達はとっても嬉しい時間だったみたいよ。