4日目

オルセー美術館

ランチ

教会めぐり

バーキンが住んでいた場所

映画


とうとう自由に動ける最終日となりました・・涙

 

ルーブル美術館にいけなかったので

とりあえずオランジュリ美術館と、オルセー美術館を目指す。

 

ルーブルの近くで降りて、その後まだ歩いてなかった道を通りながら歩くことに・・・

パリの地図をゲットしたので、チョットやそっとじゃ

迷子になんてならないぞ!

 

ふふふ。

 

歩いていたら突然私の好きなプロヴァンスの小物が売っている店があり

早速入ってみました。

 

日本で売っているビンが半額です。

やっぱり安いです・・・。

 

パリに来て初めてトタベラーズチェックが使えるところでしたよ

パリは現金・カードがおすすめです。

 

いい散歩をしながら、オランジュリ美術館へ来ましたが、

出口が見当たらない。

なんで???

サーチ不足でした。

 

改装していたのです。

なんと、2年間は工事しているそうです。

ほんとに残念

 

モネの絵を見たかったわ・・・

 

またまた歩いて

オルセー行きました。

並んでます。

でも、まだ時間が早いのでそんなに多くありません。

オルセーの大きな展示物をみてると、

ほんとにルーヴルも見たいと思いました。

私的にはロダンの地獄の門がとても印象に残りました。

 

もちろん、大好きなゴッホやモネなどちゃんと見ましたよ。

それにしても、本や絵などを沢山買ったのでめっちゃ重くなりました。

シテ島に行って教会なんかも見たかったけどチョットムリ。

いったんホテルに荷物置きに帰ります。


お昼はkyochanがケアブを食べに連れてってくれると言う。

でも、怪しい場所らしいので気をつけるようにとか・・・

 

メトロ4番線のMarcsdet Poissonniersのホームで待ち合わせ。

行く途中、スリに合いそうになりました。

 

確かに疲れが出てきてるのでチョットボーとしてました。

見るからに小学生が数人私についてきてるのです。

しかも、ホームでも私にぴったりついてるではありませんか。

 

こんなにガラガラなのに・・・

Σ( ̄□ ̄;

 

これが、噂のガキンチョスリなのね!

確信した私はじろりと彼らをにらみつけて

バックの口をしっかり握り締めました。

 

それでも私からぴったりくっついて離れなかったのですが、

電車が着たらさっさと違うところから乗って行ってましたよ

 

ふん!

そんなに簡単に取られてたまるか!

 

そー言えば、kyochanの知り合いが最近カメラスラれて

追いかけて返してもらったらしいけどね・・。

結構あるのかもしれないです。

 

さてさて、

ジャン

これがケバブです。

私の顔よりでかいです。

パンの間には野菜と、お肉(ケバブ)に、フライドポテトも一緒に食べるんだろうです

辛いソースにしてもらって

ほんとにおいしかったよ。

 

kyochanからの粋なデザートつきでした。

外はチョコレート?

パリパリで中はプリンみたいにおいしかったよ

【カヌレ】

なんでも、kyo&emichanが言うには

昔、日本でかなりブレークしてたらしいが、

甘いものが苦手な私は全く知りませんでした。

 

 

皆それぞれ用事があるのでここで一旦別れて

私はシテ島や偽者博物館を目指す!

 

 

シテ島に行ってサントシャペルのステンドグラスを見るために並んでいたら、

 

ステンドグラスはほんとに綺麗だったわ

 

パリから手紙を出すために郵便局へ

ここがまたスッゴク並んでいて、20分ぐらいまったかな。

切手を買ったらこれにポストへ・・・と思ったら

4つ黄色い口があって、迷っちゃいました。

手紙を入れに来た人に教えてもらって入れました。

間違ってもパリに入れないように・・・。

 

待ち合わせの時間があったから

かなり離れている偽者博物館は諦めることに・・・

 

サンジェルマンの近くにある教会を予定変更で見ることにしました。

サンシュルピス教会

イエスキリストのレントゲン?のようなものが置いてある

有名な場所だったみたい。

ダビンチコードにも登場してるのかな?

 

次は大好きなジェーン・バーキンの住んでいたアパートへ・・・

(マニアックすぎるだろうか?)

 

ところが、迷子になってしまい、地図を見ても小さすぎて通りの名前が良く見えず、

困り果てていたら

老紳士が2人声を掛けてきてくれた。

どこに行きたいのかウマく説明できない私に、

とにかく親切にしてくれるんです。

もう、感激です。

 

そして、この老紳士のおかげで無事にたどり着きました。

 

↑バーキンがすんでいたアパート♪

 

セーヌ川がすぐそばにあり

きっと上階からは綺麗な景色が見えることでしょう・・・。

 

ちなみに友達にタバコのお土産を買おうと

お店に入ってみたら、

全く英語が通じない。

 

パリ4日目にして始めての窮地である。

(^^ゞ

ゼスチャーと覚えてるフラ語を駆使して

無事に買いました。

びっくりするぐらい英語が通じるから
フラ語の辞書も、旅会話もホテルに置いてました

 

ショーウィンドーを楽しみながら待ち合わせ場所へ向かいました。

 

 

・・・・^^;

 

またしても、迷子の上にふと気付くと2駅も越えてるではありませんか

 

あせりながら

< p> 

オデオン駅へむかう・・・

私が来た方向から彼女達が来たよ

 

2つ駅越えてたの?

うちのそばじゃない来ればよかったのに!

・・・・kyochanのアパートがどこかなんて、

私の頭からは完全に抜けていました。

 

フランスといえば映画を見たいと思ってたのだ。

emichanが選んだ映画をみました。

 

面白かったよ!

 

フラ語は分からなくても、英語はちょろっとは分かる私。

 

ところどころ英語の発音に似ているところはなんとなく分かったのです。

これってすごいな!

 

といっても、1/20も理解できてないだろうが・・・。

 

HRCの近くのビストロで食事することになりました。

もちろんemichanに映画の解説をしてもらいながら・・・笑


このお店特性のワインなり!

人参のサラダ

パリの名前が付いているハム

エスカルゴ

? 牛肉のプロヴァンス風

? 牛肉のコショウステーキ

? ラム肉

それにしてもすべてが美味で、

最高でした。

最後の極めつけが

コレ↓

最高においしいレモンシャーベット!

口に入れたとたんにレモンのすっぱさと甘さが

ふわ??と広がるんです。

しかも、これ、めっちゃ大きい!

後ろにワイングラス写ってるでしょう?

大きさ比べるとすごく大きいのが分かると思います。

 

一人では食べ切れなかったので、

皆に助けてもらい完食です!

 

ホテルに着いたのはもう11時過ぎ。

 

これからパッキングです。

 

でも、大して買い物しなかったからあっという間に出来ちゃいました。

 

歩きすぎでクタクタです。どれぐらいかっていうと、
あまりに歩いたので新品の靴下が2日続けて穴が開いちゃうくらいです。