家庭訪問 パート1

何かの間違いではないですか?
あっ君の担任は全くあっ君の悪いところを言わずに帰っていった。
本当にこれでいいのか?

ほめてほめて、ほめまくっていいのか?
あっくんいわく、この先生は怒らないらしい。
だが、静かに悪いところを指摘して僕の一番苦手な考えることをさせるのだというのだ。
トラブルは問題なく沢山あることは他の子たちから聞いて知ってるのに、この先生は何も言わない。
子供の成長を信じてる先生なんだろう。
たしかに、3年生になってかなり変わったのは確か。
毎日楽しそうに学校へ行き、楽しそうな顔をして帰ってくる。色んなトラブルはあるが、少しずつ対処方法を見つけられているような気がする。
今年、大きく成長できることを願って子供を信じたいと思わせてくれた家庭訪問だった。