グッキ

gukki.jpg


1999年 韓国
監督 : イ・スンリョル
出演 : キム・ヘス、ソン・チャンミン、チョン・ウンイン、チョン・ソンギョン、パク・ヨンギュ、チョン・ドンファン、パク・チミ
このドラマで出てくるピーナッツサンド買えるらしい!



韓国物はあまり興味がない感じであまり見てないのですが、コレはお勧め。
これね、韓国版『おしん』って、感じです。

第1話  『川辺に咲く野菊のように』
第2話  『愛を求めて』
第3話  『父との再会』
第4話  『二度目の家出』
第5話  『師匠テファとの出会い』
第6話  『親友の裏切り』
第7話  『二代目店主と歌手エレーナ』
第8話  『サンフンとの再会』
第9話  『太和堂の危機』
第10話 『二人の父との別れ』
第11話 『新しい出発』
第12話 『太和堂 vs 豊江製菓』
第13話 『招かざる客』
第14話 『あいつが犯人だ』
第15話 『サンフンの父、その死の真相』
第16話 『新たな事実』
第17話 『太和堂を潰せ』
第18話 『首謀者の正体』
第19話 『シニョンの苦悩』
第20話 『仕掛けられた罠』
第21話 『これからが始まりだ』

医師を父とするグッキが戦争の為に父の親友に預けられるが、そこでひどい扱いをされるが、グッキはけなげにも文句一つ言わずにがんばってるんだよね。だけど、奉公に出される上に、中学校へ行けないと知ったグッキは学校に行きたくて、家出を決意、一緒に育てられているシニョンも歌手になりたくて、共に京城に家出することに・・・。
結局シニョンは家に連れ戻され、グッキは京城で知り合ったお菓子屋のテファと暮らすことになる。
戦争が終わり、テファのところにいたグッキはシニョンのところへ戻り、父の帰りを待つことにするが、すでに、シニョンたちの姿はなく、仕方なくテファのところへ戻って住むことに・・・
父が殺されたこともしらずに、グッキは父が迎えに来てくれるはずと信じて年月は経ってしまう・・・。
前半はこんな感じで子供時代のグッキもいいけど大人になってからのグッキはほんとに応援したくなります。
恋愛物なのか、復讐なのか、企業家のサクセスストーリーなのか、何でもありなので、ちょっとみてると、目が回りそうだけど、
最後の最後まで次から次へ困難がやってきて、はらはらドキドキのドラマです。
それにしても、親友に頼まれてグッキを育てるジュテのたくらみには腹が立ちます。
最後は気持ち良いぐらい彼女の思いを綺麗に清算されて、終わるので、安心して見れるドラマ。
そうそう、ハンカチまたは、クリネックスをそばにおいて見ることをお勧めします