トゥルー・コーリングの続き?

トゥルー・コーリングの作家の一人である
ドリスさんが、個人のブログにてファンの為に続きを書いてくれてるんです。
見つけたときは??
もう、感激って言ったらないです。
かなりエキサイトしちゃいましたよ

『For Tru Calling fans』(Saturday, April 30, 2005)
『Tru Calling, continued』(Tuesday, May 10, 2005)

ただし!英語なので、読める方はもちろんのこと、読めない方は翻訳サイトを利用しながらどうでしょうか?
もっと英語力があれば翻訳してみたいのですが、とてもそこまでの能力はなく、
間違った情報を流す恐れもあるので、どなたか協力していただける方がいましたらお願いします。
もちろんつたない英語力でも読んでみましたが・・・
作家はもちろん彼一人ではないのですが、
かなり楽しませてもらいました。
どうして、ジャックがトゥルーの父と組んでいるのか、
どうして、トゥルーの母親が死ななくてはならなかったのか、
Callingの能力について、母がトゥルーに残すために書いた日記の存在など・・・。
ドキドキ・・・
なおさら続きが見たくなってしまった私でした(涙

“トゥルー・コーリングの続き?” への5件の返信

  1. どの文章がですか?
    サイトにいって翻訳してみても、どこがトゥルーのなのかわからないのですが、どうすればいいですか?

  2. ハナさん、はじめまして。
    あくまでも元脚本家の一人が自分なりの続きをこうしたかったなぁ??って、書いてあるだけで本当ではないんですよ。黄色のバックカラーがついてる文字をコピーしてからクリックすると飛べるのでそこで、文字を検索してみるとそこからが話しになります。
    ただ、翻訳ソフトではいまいちかもしれないです。
    mixiの中では翻訳してくれてる人がいるみたいですが・・・。

  3. なつみさん
    どうもありがとうございました。ちょっとみて見ます。
    それと、もう御存知かも知れませんが、トゥルーコーリングファンの一人が自分のサイト
    で、バーチャルシーズン3(小説)を作っているそうです。
    その小説も、日本のある方が翻訳して英語が苦手な方にも読めるようにしてくれているようです。あくまでファンの一人が作っているお話なので、架空の物語ですが、そちらも読んでみても面白いかもしれません。
    では、失礼しました。(またお邪魔させて頂く事があるかもしれませんがその時はよろしくお願いします。)

  4. ハナさん
    多分色んな番組の続きを作ってるサイトですよね?確か、バフィーとかもあったような・・・。
    でも、私が知ってるところとは違うかも。多分、バーチャルシーズン3って事で、上記のアドレスの脚本家に質問してたような・・・。
    あんな長い物を翻訳した人が居るなんて驚きです。
    もしよかったらアドレスを教えてもらえますか?

  5. なつみさん
    http://homepage1.nifty.com/mhorie/page141.html
    う?ん・・・。そのサイトと同じかはわかりませんが私がみたものは上のものです。
    これは日本語に直しているものですが、そのサイトから、実際書いているサイトにも飛べます。

コメントは受け付けていません。