ヴィレッジ

village.jpg


2004年 アメリカ
監督 : M・ナイト・シャマラン
出演 : ブライス・ダラス・ハワード 、ホアキン・フェニックス 、エイドリアン・ブロディ 、ウィリアム・ハート 、シガーニー・ウィーヴァー

なかなかおくが深い映画でした。実は何の情報もなく、見始めてしまったのですが、
村の人の死で始まり、赤いものを怖がり、隠したり、森は魔物が住んでいるとかなりの恐怖心が埋め込まれているし、一体どうしたものかと、首をかしげながら見てました。(音楽と目に見えない恐怖心、先が見えないドキドキ間十分です。)
そして、ストーリーが進むにつれて、なぞが一つ一つ解けていくんです。
あらすじは、1897年、ペンシルヴェニア州にある奥深い森の中に村があり、この村人は森に住む魔物に恐怖を抱きながらも平和に過ごしていた。ある掟の為にその生活は守られているのだ。森へ入ってはいけない、赤いものは魔物が呼んでしまうから隠す、そして、年長者たちの家にある秘密の箱・・・ところが、何もしていない村に動物の死骸が置かれるようになり、魔物の進入がささやかれるようになり、徐々にエスカレートしていく。そんな中、目の見えない盲目のアイヴィを守りたくてとても勇敢なルシアスは結婚の話をでるのだが、アイヴィを思っていたノアに刺されてしまう・・・重態になり感染症を起こしてしまったルシアスを助けるためには抗生剤が必要。
でも、そのためには森を抜けなくてはならない。愛の為にアイヴィは町へ行くことを決心する。
と、こんな感じなんですが、ストーリー的にはふ??ん、ですが、このシャラマン監督の映画、奥が深いです。
ネタバレに入る前にこの先見ない人の為に一つ。
できれば、映画初頭に出る『本当にこの村に来てよかったのだろうか?』という、ウォーカーさんの言葉を覚えておいて最後までごらんください。最後にすべてはこの人がキーマンだったと、分かるはずです。
ここからはネタバレなので、お気をつけくださいまし。
この映画見てるうちに疑問が沢山出てきた。
何故森へ入ることを禁ずることに固執するのか?
どうして、村の人は赤いものを見ると隠すようになったのか?
あの秘密の箱は一体何が入ってるの?
魔物が偽者なら一体誰が動物を悲惨なことにしてるの?
本当は魔物なんていません。
秘密の箱の中身がすべてを物語ってくれてます。
町へ行った人たちが色んな形で殺されてしまい、悲しみや苦しみが生まれたことで、自分の家族を守りたくなった。
そのために、魔物を作り上げ、『森へ入らない=町へ行けない』なのです。
自分たちの楽園『イノセンツ』を作り上げたわけです。そして、赤を隠すのは殺された彼らの血を連想されるからではないでしょうか?
秘密の箱には悲しみが沢山詰まっているんです。
レイプされた挙句にゴミ捨て場に置かれていた姉、麻薬患者からの銃で殺されたり兄、お金で自殺したり・・・強盗にあって川に捨てられてた夫など。。。。こんな事が次々に起きたら、守りたい一身で・・・って、すごく分かります。
だけどね、ちょっと気になるんだよね
アイヴィは魔物を殺してしまうんです。
って、事は森から魔物がいなくなる=森へ入れる=町へ行ける・・・
彼らの生活に変化が来るのだろうか?
ちょっと気になるところでした。

“ヴィレッジ” への2件の返信

  1. 私もつい先日見ました?
    エイドリアン・ブロディ出てますよね
    うちのパパです いや
    パパに似てます
    ちょっとかなり可哀想な最後でしたが・・・
    やっぱりシャマラン監督出てましたね?

  2. エイドリアン・ブロディが、ダーリンに似てるのね
    ほんとに最後はちょっとかわいそうだったわ。
    でも、真実を隠してくれる年長者さん達の村を守る気持ちが一段といい感じですよね。

コメントは受け付けていません。