耳に残るは君の歌声

 

2000年 イギリス・フランス 監督 : サリー・ポッター 出演 : クリスティナ・リッチ 、ジョニー・デップ 、ケイト・ブランシェット 、ジョン・タートゥーロ

1927年、ロシア。貧しい村に住むユダヤの少女フィゲレは母を亡くし父と祖母と暮らしていたが、父はゆくゆくは娘を呼び寄せると胸に誓いひとり渡米を決意する。しかし、やがて戦火の荒波の中フィゲレはひとりイギリスへと流れ着き、スージーと名付けられキリスト教の家庭に預けられる。言葉が通じず孤立するスージーはある日、ジプシーの一団を目にしたとき、その口から美しい歌声を発した。10年後、成長したスージーは父を探す旅に出る。スージーは旅費を稼ぐためパリでコーラス・ガールとして働くことになるのだが……。    

 タイトルからのイメージが私にはずれてました。 故郷の歌のことなのか。2つの恋人達の歌声なのか。それとも全部を指しているのか・・・。
結局は父を探して渡米するまでの出来事や経緯なのですが、あまりにもあっけなく終わるのが腑に落ちませんでした。