ドッグヴィル

dogvi.jpg


2003年 デンマーク
監督 : ラース・フォン・トリアー
出演 : ニコール・キッドマン 、ポール・ベタニー 、クロエ・セヴィニー 、ローレン・バコール 、パトリシア・クラークソン

切なく悲しい話・・・それでも、ニコールの美しさがなんともいえないのです・・・。
ドッブヴィルの人たちに助けられたはずのグレースはあまりの美しさと、村以外の世界を知る事もあり、徐々に非難されるようになる。
挙句の果てには、逃げないように首輪をつけられ、夜な夜な村の男の相手までさせられるようになるのだ・・・。
村で唯一グレースへのピュアな持ち続けようと努力するトム。
彼もまたグレースを裏切ってしまう・・・
グレースを助けたときに追ってきたギャングの連絡先にトムはグレースのことで連絡をとってしまうのだが・・・
この先はあえて、伏せておきます。
あまりにも衝撃的な結末が待ってますから・・・。
この映画決して明るくはありません
恋愛らしい恋愛も決して出てきません。
村の人とグレースの心の壁の問題・・・
しかも映画としては170分ぐらいあるのでかなり神経を使ってしまいます。
ですが、壁のない家を線だけで囲ってるので常に役者さんたちは丸見え状態。
十分に見ごたえのある映画だと思います。

“ドッグヴィル” への2件の返信

  1. これ!
    まだ見ていないんですよ
    確かまだ新作?ですよね?
    劇場には見に行くくせに
    新作だと「ちと 高い?」とか
    思ってしまう私・・・
    1週間レンタルになったら借りると思いま?す♪

  2. すっごく長いので心して時間をとる必要がありそう。
    役者さんたちも壁なしの演技で疲れちゃって、告白部屋みたいなのを作ったらしいよ。
    『ドックヴィルの告白』っていうDVDでてるから、一緒に見ると面白いかも?

コメントは受け付けていません。