なくなったお店

久々に池袋を散策。
パリと違って、いつまでも続く道には心躍るような景色が目には入ってこないけど、
狭い空が続いてるけど・・・
それでも一人で歩く時間が好き

東京に来て初めて自分で見つけて入ったスパゲッティ屋さんが池袋での憩いの場所
池袋に一人で来るときは必ずといっても良いくらい入っていたお店。
でもね・・・
無愛想なおじさんに、おいしいスペゲッティがとっても不釣合いだったのよね
それでも、おいしさに惹かれていっていたんだけども・・・
なくなってました。
跡形もなく・・・・
服やさんに変わってました。
あれだけ通っていたのに、
お店の名前さえ思い出せない。
思い出すのは良く食べた『オリーブスパゲッティ』と
おじさんの顔。
最後に来たのはいつだったろうか?
そのとき感じたんだ、おじさんがボケてて、お金間違えたり、メニュー間違えたりしてて
経営むずかしんじゃないかな?って
きっと、高齢だったし閉店したんだね。
もう一回あのスパゲッティとおじさんにあいたい・・・。